×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












 廊下でたまに 擦れ違うだけの人

 見る度に 相手が違う 
――軽薄な人

 どんなに 人気があったって

 僕は貴方なんか 大嫌いだよ


 
 
 “眸の色 綺麗だね” 甘い声

 下らない 口説き文句

 “俺 いつも君のこと見てたんだよ 本当さ”

 嘘ばっかり

 気障だね 聞いている方が恥ずかしくなる

 “僕は貴方なんか 大…
――

 ……先は 言わなかった



 いつも意識してた? 
――否定 出来ない

 大嫌いだった? 
――多分 本当に

 だけど 言われた瞬間 気付いてしまったんだ

 僕がどれ程 あの人のことを見てきたか……



 あの人の言葉を 信じてみてもいいと思う

 もしかしたら ううん 間違いなく

 ただ単に あの人のいつもの気紛れだけど

 そんな気紛れに付き合ってみてもいいかな なんて

 ……思い始めてしまったから