×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












夢現(ゆめうつつ)……眠りから充分に醒めていない状態。

友人に勧められ十九歳の頃に初めて書いた中篇が
ささやかながらも受賞の対象となった為
足抜け出来なくなった創作ジャンル。
ライフワークになりそうな気配です(笑)。
私の書く小説は広い意味で“夢物語”なので、タイトルはそのまま。





申し訳ありません

オリジナルの小説はパスワードがなければ読めないようになっています。
下のボタンから管理人宛にメールを下さればパスワードをお教えしますので
“ややこしい手順を踏んでも読みたい”という方のみ御連絡下さいませ。

お手数をおかけしますが、宜しくお願い致します。





【 蝶夢 】

テーマを選ばず自由な形式で書かせていただいている短篇小説です。


     no.   title
 outline
0001 ●ある風景
 ・若くして自死を選んだある少女の深層心理。
0002 ●光のドレス
 ・夫に先立たれた妻が葬儀中に見せた微笑の理由。

【 十三夜幽玄御伽草子 】

情念渦巻く男女の姿を描いた十三話の短篇集。


    title
 outline
    ●第 一 夜 娥影下の艶怨
 ・従兄弟の大切にしているものばかりを次々と破壊
  してゆく少年の真意。
    ●第 二 夜 華燭の愛寵
 ・少年が創った人形の示す通りに死んでゆく人々。
    ●第 三 夜 空蝉の夏
 ・義姉に日々虐められている少年が突然取った奇行。
    ●第 四 夜 花舞人
 ・二人の歌舞伎役者と日本画家の複雑な恋の行方。
    ●第 五 夜 幻夜想奇譚
 ・婚約者が執着する白い名笛の謎。
    ●第 六 夜 浮舟
 ・名家から駆け落ちした教師と生徒のある一夜。
    ●第 七 夜 朱い翅音
 ・翅の生えた虫を好む幼馴染みの煩瑣な心理。
    ●第 八 夜 憂鬱な媚薬
 ・険悪な神々の仲を案じた天使達の愚行。
    ●第 九 夜 緋色の婚姻  ・友人のいない幼い少女に折り紙遊びを教える老婆。
    ●第 十 夜 げに麗しき夜は短し
 ・遊廓から逃げ出した陰間を匿う陶芸家。
    ●第十一夜 絹香
 ・運命の女を捜し彷徨い続ける青年。
    ●第十二夜 愁酔な黄泉の向こう
 ・恋人をモデルに純愛小説を書き続ける作家の大作。
    ●第十三夜 桜の罪
 ・ある一人の絵師に憧れ続けた少年の人生。
最終更新:2006年04月25日


御手洗潔シリーズのパロディは → 闇色図書館



余情詩歌へ幻想絵画へ