×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







【 鳥待月 】
とりまちづき

2006年04月14日(金)
まだまだ


 04月08日頃からポツポツと素材捜しを始める。イメージに合うもの
 はあっても色の種類が足りなかったり、色の種類は豊富でも何だか
 ちょっと違ったり、なかなか難しいものだと思う。
 …が、昨日分からないながらも勘でボタンに文字入れをしてみたら
 その作業は結構興味深いものだった。
 約一週間かけてようやくイメージに近い素材がフォルダに集まって
 きた感じ。でも……
 ロゴなんかも創んなきゃならないだろうし、やりたいこともかなり
 多いし。
 やっぱり開設までには目茶苦茶時間かかりそうだなぁ……(u u;)


2006年04月27日(木)
やったぁv

 今日は私の憧れの詩人さんのBD。
 会社では仕事も忙しく散々だったが長年捜し続けている御石同人誌
 の内の一冊を美品で入手出来(!)、そういう意味ではまあまあ良い
 日だった。

 良いことを数えて生きている方が人生は楽しいはず。……多分。
 約一週間前からひいている風邪もあと少しで治りそうだし。

 頑張ろう。色々。


2006年04月29日(土)
遅ればせながら…

 昨晩から二日かけて≪メフィスト 2006年05月号≫掲載、島田荘司
 先生の≪傘を折る女≫を読了した。
 今回のイラストレーターさんは結構私好みだったなー、などと多く
 の御石愛好家にはどうでもいいであろうことを言ってみる。
 勿論私だってそれどころじゃないが。

 幼少の頃から好んでミステリー小説を読んでいる割には大抵どんな
 トリックにも感動出来てしまう単純な私、特に島田先生とは相性が
 良いらしく今回もなかなか楽しめた。それにしてもこの人の作品は
 本当に“サトミ”とか“ユキコ”が多いなー……今となってはメイ
 ンキャラクターになっている人もいるというのに、何か特別な理由
 でもあるんだろうか? まあそれだってどうでもいいが。
 パロディ愛好家として色々突っ込みたいことはあるけれどそういう
 のは当サイトの≪深読辞典≫ででもやるとして、とりあえずの感想
 を書いてみる。

 最近御石コンビものの短中篇は御手洗が出て行く間際(1993年頃)の
 ものが多くて読んでいて切ないな、と哀しくなる(読者が)。
 まぁ≪UFO大通り≫や≪セント・ニコラス〜≫のように若かりし
 頃の冒険譚でも“語り手の石岡君が御手洗と離れた後の彼”ならば
 それはそれで切ないんだけれど(泣)。

 今回注目すべき二人の会話はやっぱりここだろうか。

 石岡「君は、女は常に得になる方を選択するって言うんだろ?」
 御手洗「別に女の話をしたいんじゃない、人間は突き詰めればそう
 だけど、男には君みたいな人もいるから」

 う〜ん、これは“@女は常に自分が得することばかりを考える→A
 って言うか、人間なんていうのは男も女も皆そんなもんだけど→B
 ま、石岡君は違うけどね?”という意味に素直に解釈していいもの
 なのかどうか。もしそうなら「君は彼ら[※一般人]のお仲間かもし
 れないが、中ではずっとマシな方だ」と言っていた≪占星術〜≫の
 頃の御手洗と考えは差程変わっていないということになり、私的に
 はまだ救われるんだけど……。

 そもそも御手洗は“日本はつまらない、外国へ行きたい”と言って
 いただけで別に“石岡君がつまらない”と言っていたわけではない
 のでまだそれ程悲観的になることはないかなと思うのですが、その
 辺りはどうお考えなんでしょうね、愛好家の皆さん(一緒に行こう
 とは何度も誘っていたわけですし)。
 いや、でもまぁ結局は事情がどうあれあの二人が一緒にいないって
 だけで哀しく不愉快な気持ちは続くんだよね。……新作を読む度に
 ぐるぐるぐるぐる(@_@) 二人の謎は深まるばかり。

 ――ああ! つくづくレオナさんていい奴だよなと関係ないとこを
 褒めたくなってくる(笑)。だってはっきりした意思表示をしてくれ
 てるの、実は彼女だけなんだもん。考えれば考える程御手洗も石岡
 君も里美ちゃんも何考えてるか分からなくて…
――もう毎日怯えて
 暮らすのも辛いよぅ(泣)。
 っつか、何で≪女性自身≫で≪犬坊里美の冒険≫なんてやってんの
 (;_;)



 HP≪月宮殿≫トップページと≪御案内≫一応完了。
 センスも時間も全然足らない……。


2006年04月30日(日)
どうしましょ

 午前中は職場で仕事、午後からは母親と買物へ出掛けた。
 ストレスだろうか(←言い訳)、我ながらびっくりするぐらいの散財
 をしちょっぴり不安を感じてしまう(お前どうやって暮らすつもり
 なんだよ、来月……:苦笑)。
 笠井あゆみ先生が参加されている御本のいくつかを購入し、そこら
 辺だけ一安心。だが……

 笠井晶水先生が≪ビッグコミック スペリオール≫で短期集中連載
 をしていたなんて全っっ然知らなかったわー!!!!
 どうすればいいの、こんな雑誌……今からバックナンバーを二冊ず
 つ、本当に捜し当てることが出来るのか?


 ……超ブルー……(涙)